クロレラの生息地

クロレラの生息地

クロレラの生息地はどこ?

『クロレラ』に関する健康食品をよく見かけるようになりました。
それだけクロレラの認知度が上がってきたのでしょう。

 

クロレラは、葉緑藻類に属する、単細胞植物の1つです。
地球誕生とともに生息し始めた太古の昔から生きている植物プランクトンの1つです。

 

生息地は主に水溜りや沼、池などの淡水に多く生息しています。
淡水であれば簡単に生息し、増殖することが可能なので、地球上にクロレラは広く分布しています。
もちろん、生活の中でもクロレラの生息地を見つけることは可能です。

 

あなたも金魚を飼っていたときに、緑色の藻のようなものを水槽に見かけたことがあるはずです。
これは水の中にいたクロレラが日当たりの良い場所に置いたため、光合成を行い増殖し、目に見えるまでに増えたことが原因です。
簡単なクロレラの発見例ですが、淡水であればクロレラは簡単に増殖することができるのです。

 

淡水の場所で生息し、増殖することでわかるようにクロレラは高い繁殖力が特徴です。
日の光、二酸化炭素、水、若干の無機塩類がある淡水の場所ならクロレラは簡単に増殖し、繁殖することが可能です。

 

クロレラはその高い繁殖能力と栄養素の高さから未来の栄養素として研究が進められてきました。
現在でも多くの大学や研究機関でクロレラの持つ健康成分、美容成分の研究が進められています。
それも淡水の場所なら簡単に増えるというクロレラの生息条件があるからです。

 

クロレラを健康食品などに使う場合は、その固い細胞壁を壊す必要があります。
細胞壁が特に固いクロレラは、そのまま摂取しても、体内での吸収率が極めて低く、その栄養分を吸収することができません。
現在、健康食品として利用されているクロレラの多くは、加工段階で細胞壁を壊す処置がされています。


ホーム RSS購読 サイトマップ