ミドリムシの飼育方法

ミドリムシの飼育方法

ミドリムシの飼育できる?

サプルメントとして人気が高い『ミドリムシ』。
最近ではサプリメント以外にもヨーグルトやお菓子などの形でスーパーやコンビニで見かけるようになりました。
ミドリムシといっても、アブラムシのようなムシではなく微生物の一種です。
昆虫のイメージではなく、藻類のような仲間に近いのがミドリムシの特徴です。

 

ミドリムシは特別な微生物でないので、私たちの身近なところに潜んでいます。
最近では子供達を中心に、ミドリムシを見つけて、飼育することが流行っているようです。
子供のころには、こういったペットや生き物を飼うのが楽しくて仕方がない時期があるものですよね。

 

ミドリムシを飼育するには、目的であるミドリムシを採取してくる必要があります。
ミドリムシは池の中や日当たりのいい水溜り、田んぼの片隅のような自然が残っている水周りに多く生息しています。
こういった場所は自然が豊かな池ではないので、一見生き物があまり生息していないようにも見えますが、微生物であるミドリムシはこういった場所が生息に一番適してします。
もし、水周りで緑色をした部分があれば、ミドリムシのような藻類の一種でしょう。

 

こういった場所から水を5から10ミリリットル採取して、栽培用キットで育ててみましょう。
ミドリムシ専門の栽培キットもありますが、理科の実験器具などを利用しても十分楽しめるはずです。

 

各種ビタミンやミネラルを持っているミドリムシは、純粋な培養をしたものなら、飲んでもあまり害はありません。
しかし、簡易培養セットで育てたミドリムシの中には、ほかの微生物が紛れ込んでいます。
栄養を沢山持っているミドリムシだからと、培養した栽培キットを飲み込んだりするのは危険です。
絶対に行わないようにしましょう。


ホーム RSS購読 サイトマップ